主な仕事の流れ

ヒアリング

まず、お客様から開発を希望されているシステムについてお話を伺います。お客様はどのような業務を立ち上げたい、あるいは改善したいとお考えなのか? また、それらを実現するために最適なシステムとは、どのようなものなのか? といったことです。

プロジェクトの提案

十分なヒアリングを済ませてからは、お客様のご希望を実現するためのプロジェクトの企画を立案したうえで、お客様に対してプレゼンテーションを行います。こちらからのご提案に対するお客様のご回答を再度ヒアリングして、最終提案へと練り上げていきます。

仕様の決定

システムエンジニアがシステム開発のための基本仕様を設計し、お客様からご承認をいただきます。その後、やり取りの中でさらに詳細な仕様を決定していきます。

システムの開発

お客様にご承認いただいた仕様書に基づき、システム構築をスタートします。システムエンジニアは、プログラマが仕様書のとおりにプログラムを組んでいる間も、進行状況やプログラマの調整など全体の工程を管理します。

システムのテスト

プログラミングの作業が終わったら、システムのテストを行います。システムが、基本部分から細部にいたるまで、設計したとおりに動くかどうかをチェックします。この時点で、もし不具合が生じている場合にはプログラムを修正します。

システムの運用・保守

テストを行い、システムが正常に動くことを確認してから、お客様に納入します。納入後、お客様サイドでのシステム運用がスタートします。