新卒入社男性

2020年度新卒入社 男性 K.S. さん

・入社したきっかけを教えてください。

大学時代は法学部で主に国際政治を学んでおり、自分の興味関心が何にあるのかも分からない状態で就活を始めました。
最初は大学時代の趣味やボランティアの経験を取っ掛かりにして手広く説明会に参加をしていたのですが、当時作成を手伝っていた短編映画が完成したこともあり、次第にものづくりの仕事がしたいと思うようになりました。
最終的に建設系、福祉系の会社も含め3社から就職先を選ぶことになり、面接時の質問に対する返答の丁寧さや、生活の基盤を支える物流業界で広く使われている自社製品を持っていること等から弊社に入社することに決めました。

・入社後の研修はどうでしたか?やったこと・苦労したこと等教えてください。

社会人として必要なマナー研修と、システム開発をする上で必要な技術研修を3か月間の間で行いました。
マナー研修では『資料の作成方法』『電話対応』『名刺交換の方法』などを学び、技術研修では『プログラミングとは』『パソコン、ネットワークの仕組み』等の基礎的な知識から『数字を計算する簡単なプログラム開発』『ネット上で動くECサイトの構築』等の実践形式の課題をこなしながらシステム開発の流れを学びました。
私の場合は新型コロナウイルスの流行もありすべてオンラインでの研修でしたが、プログラミングを全く知らない文系出身の私でも置いて行かれることのないように講師の方への質問の場や、受講者同士での会話の場が十分に設けられていたので安心でした。
内容的には難しいものも多いですが、周りの受講生と協力して問題を解決するという経験を積める良い機会だったと思います。
また、色々な企業から同じ新卒の所謂社外同期が集まっており、そういった方々との関りが出来たことも自分にとってプラスになりました。

・休日の過ごし方を教えてください。

新型コロナの流行で友人と外で遊ぶ機会は減ってしまいましたが、家でゲームや映画鑑賞、読書等をしながら過ごしています。
ゲームに関しては社会人になれば時間を取れなくなるので出来なくなるだろうと考えていたのですが、よく考えれば高校卒業までは社会人と似た時間の流れで生活していたはずなので案外遊べています。
社会人になってから新たに興味関心を持った事柄もいくつかあり、金銭的にも学生時代より余裕があるので寧ろ休日に行うことの選択肢は増えているかもしれません。

・これからの抱負をどうぞ!

現在社会人2年目で、初年度に「仕方ない」と許されていたことが許されなくなってくるのだろうと感じています。
恐らく来年は今年の「仕方ない」が許されなくなり、再来年も同様に続くと思いますが、先輩に教えて頂いたことを吸収しながら少しずつ周りへの負担を減らしていきたいです。

・就活生へのメッセージをお願いします。

私が弊社の面接を受けたときに言われた言葉の中に「賃金が発生している時点で社会への貢献はできている」という言葉があります。
就活時には社会貢献について考える機会も多いと思いますが、程度の差はあれど実はすべての職場で社会貢献が可能です。
私の場合は自分が社会人生活で何を重視しているのかをよく考えることで就活がグッと楽になりました。
大変な時期だと思いますが、自分のことをよく考えて就活を乗り切って頂ければ幸いです。

新卒入社女性

2019年度新卒入社 女性 C.I. さん

・入社したきっかけを教えてください。

大学時代は、日本語学や日本語教育、図書館司書の勉強をしていました。大学1年生の時はIT関係の職に就くとは考えていませんでした。
そんな私が弊社に就職した理由は、多くの人の役に立ちたいという思いからでした。元々は公務員志望だったため、民間企業の就職活動を始めたのは大学4年生の秋口からでした。最初のうちは、大学を通して個人で就職先を探していました。シェアードシステムのことは、とある就活支援エージェントを通して知りました。
IT機器の発展により、恩恵を受けている人々が増え、高齢化社会に際して必要なものであるということを大学で学んでおり、広義のIT業界に興味がありました。また、人々の生活に役立つもの、ことを陰ながら支えたいという漠然とした思いが常々ありました。
面接などでお話して弊社は、文科系初心者から始めた方が多く、0から始めたとしても成長していけると感じ、入社を決めました。

・入社後の研修はどうでしたか?やったこと・苦労したこと等教えてください。

マナー研修からJavaのプログラミングを座学と演習で行い、ネットワーク構築を3か月間行いました。短い期間で多くを学び、大変ではありますがやりがいを感じる研修でした。
今までに本格的なプログラミングをしたことがなく、HTML5を大学の授業で触ったことしかなかったので大変でした。予習よりも復習を大切にし、定期的にあるテストで出来ないことを把握することで、出来ることが増えていくことに達成感を覚えます。
Javaの実践的なショッピングカートの構築演習はとても大変でしたが、自己成長を確認することができた演習にもなりました。
同じクラスで学ぶ他社の人々も初心者が多いので、心配せずとも大丈夫です。講師の方やクラスメイトに質問し、分からないことを補完していくことができます。また先輩たちも質問をすると丁寧に解説してくださるので、知識を習得しやすい環境が整っています。研修のクラスメイトとは、わからないことを共に理解していくことができ、3か月間で成長することができました。

・休日の過ごし方を教えてください。

お金の力は偉大だと感じます。どこかに遊びに行ったり、新しいものを大人買いしたりとか(笑)。
冗談はさておいて、就職してから休日のありがたみを感じます。最近は、ショッピングに行くことや読書をすることが多いです。買い物や物語の世界観を楽しみ、平日に向けて英気を蓄えています。他にも据え置き型ゲームや卓上ゲームなどをじっくりとプレイしたりと、遊ぶ時間も徐々に増え、有意義な時間を過ごすことができています。
休日の過ごし方は各々だと思いますが、学生時代より限られた時間で凝縮された自分の時間を過ごすことができるようになったと感じています。

・これからの抱負をどうぞ!

まずは「報告・連絡・相談」を大切にしていきます。なぜかというと、入社後の研修で有識者への相談が遅くなり、全体の作業工程を遅らせてしまうということがあったからです。この経験から「報連相」の重要性を学ぶことができたので、まずはそれを第1に頑張っていきます。
また4月に入社した頃よりは、出来ることが増えてきたので、会社の役に立てるように頑張りたいです。まずは基本情報処理技術者試験の資格を取得できればと思っています。
将来的には、何かを聞かれたら幅広い分野に関して、教えられるような人になりたいです。…なりたいではなく、なります!

・就活生へのメッセージをお願いします。

IT業界全体として、現在成長している産業だと言えます。また、過去の経歴でIT関連の技術を取得していない人も就職後にスキルを磨き、活躍している人も多くいます。ITと一口に言っても幅広いので、見聞を広めてみてください。
先輩方は優しい方が多く、質問をしたらわかりやすく解説してくださいます。研修中でも先輩方とお会いする機会もあります。社内にいない先輩方とも懇親会でお会いする機会があり、様々なお話を伺うこともできます。
興味を持った方は、1度お話を聞いてみてください!
そして内定が決まった方は、一緒に頑張りましょう!

中途入社女性

2020年度中途入社 女性 M.M.さん

・入社したきっかけを教えてください。

転職サイトでキャリアアドバイザーの方に紹介していただいたことがきっかけです。
転職活動の軸をいくつか立て、そこを基準に企業を選んで応募していました。
その中でシェアードシステムを知り、実際に選考を受けてみて軸とマッチすると感じました。
私は経験が浅いためスキルや経歴に関しては不安が大きく、どの企業でも面接の際に正直に話すようにしていました。
他社ではこの点で見送られることもありましたが、シェアードシステムは成長性を見込んで採用していただけたのかなと思います。
小さいながらも自社製品の基盤があるという点も入社の決め手でした。
勢いがあって若い所謂ベンチャー企業を受けて内定をいただくこともありましたが、
私にはじっくりと進めて根を張る方が向いていると思ったので、入社を決めました。

・現在携わっている仕事について教えてください。

現在はある工場のシステムの改修を行っています。
数年前に先輩が開発されたシステムのデザイン変更、仕様変更、機能追加を行っています。
設計書やソースから現在のシステムを理解し、改修が必要な部分はどうするのが最適なのかを考えることもあります。
不明点は随時質問し社内でサポートしてもらいつつも、製造部分は基本的に一人で行っています。
試行錯誤しながら進める作業にとてもやりがいを感じていて、毎日あっという間に定時になっています!

・シェアードシステムの強み・課題は何ですか?

強みは社風かなと思います。もちろん仕事は真面目に取り組んでいますが、私は良い意味で気楽にストレスなく働けています。
前職ではこのような雰囲気はなかったため強みだと思います。
面接の時も感じましたが個人の出来ない、足りない部分を指摘するというよりは、フォローしてその点をどう改善するか、どう育てるのかという方針が強いのかなと思います。
今は半数以上の社員が在宅勤務で対面でのコミュニケーションは少ないですが、社風は維持されていると感じます。
あとこの社風や制度の中で、個人的には服装が自由なのは嬉しいです!
弱みは自社製品に関する理解が案件によっては深められない点です。
自社製品が使われていない物流系の案件に入ることもあり、自社製品の基盤が強みである一方で、案件によりけりな部分は課題であるのかなと思います。

・どのような人と一緒に働きたいですか?

専門性や年齢に関係なく、素直で刺激を与えあえる人と働きたいです。
誰かと競争したい、という意味ではなく周囲にプラスのエネルギーを与えらる人と働きたいです。
技術者としての知識も重要だと思いますが、仕事に取り組む姿勢も大事にできる人と一緒に働きたいです!

中途入社男性

2018年度中途入社 男性 K.O.さん

・入社したきっかけを教えてください。

前職の会社が大手に買収されたことでいろいろと方針が変わったので転職することにしたのですが、今までの経験が活かせて、できるだけ自社で仕事ができるところを転職エージェントの人に相談したところ紹介されたのがきっかけです。
いくつかの候補からシェアードシステムを選んだのは面接の印象が良かったのとなるべく自社内での開発を行うようにしていると聞いたからです。
面接は人事部だけでなく、いろいろな部署の方が出席し、会社や自社製品の事を聞いたり、質疑応答にも丁寧に対応して頂いたりしてかなり好印象でした。
また自社製品を含め自身が経験してきた言語や環境での仕事が多いと感じたので経験も活かせそうと判断して入社を決めました。

・現在携わっている仕事について教えてください。

新しい自社製品の開発を担当しています。今までの自社製品のノウハウを活かしつつ、拡張性や保守性を考えて実装作業を行っています。
スケジュールの大枠は決まっていますが、実装中に新しい要件や制限などが出てくるので、そちらにも適宜対応しています。
当面はこちらに集中してよいと言われていますが、リリース後が本番になるのでドキュメント等もしっかり残すようにしています。

・シェアードシステムの強み・課題は何ですか?

最先端ではないかもしれないですが、普通の開発を適切な期間で実施できているところが強みかと思います。
プロジェクトの状況によっては適切な期間でなくなってしまうこともありますが、キチンと伝えれば適切な対応はして頂けています。
毎月の全体会議での報告を見る限り、残業や休出は圧倒的に少ないですし、有給も取得している人が多い印象です。
最近はテレワークにも対応しているので通勤時間がかからないのは凄く助かっています。
課題はやはり新しい事をどうやって取り入れていくかということだと思います。
仕事を通してslackやTeams、GitHub、AWS、Dockerなどは経験できましたが、今後はCI/CD等をもう少し取り入れられるといいかなと思います。

・どのような人と一緒に働きたいですか?

これからはテレワークも普通になっていくからこそ自身の状況を客観的に捉えて適切に伝えることがより求められると思うので、そういうことを考えていける方と働きたいです。
いろんな事に興味があってチャレンジもする一方で、目の前の仕事の優先順位も忘れないバランス感覚がある方からは学ぶものも多いかなと思います。